秒殺メッセージのつくり方


たった30秒のメッセージを伝えるだけで

競合とぶっちぎりの差をつけて選ばれる方法…

売れる文章・プレゼン術をスキルとして

身につけたい方にオススメの講座です。

▶︎ 講座内容はこちらから

執筆者

 

森田俊康
株式会社フイゴ 代表取締役
[マーケティングコンサルタント/コピーライター]

 

 1975年11月
長崎県の島に生まれる。
実家は、鍛冶屋

曽祖父・祖父が、鍛冶職人だった。
<株式会社フイゴの由来はここから>

で、いろいろあって。


1996年4月
福岡の大学を卒業後、セールスプロモーション会社に就職。(21歳)

企画制作室のコピーライターとして、不動産・生命保険・航空会社などをクライアントにする。


2008年3月
さらなるステップアップを目指し退職。(33歳)

広告制作専門会社にコピーライターとして入社。
しかし、採用面接で聞いていたことと、実際の仕事内容が180度ちがうという、笑えない環境に嫌気と寒気をおぼえ、2ヶ月で退社。
完全なるステップダウン


2008年5月
なかば廃人と化した日々がはじまる。(33歳)

とにかく食いつなぐだけの目的で、不定期のアルバイトに従事。
披露宴や企業の立食パーティーでお酒や料理を運ぶ、という接客の仕事。
なぜそんなバイトを選んだかは、今でも

当時、長男、3歳。
週2でバイト、週3で子を連れて公園に行く日々。
毎日がほぼホットケーキという、凍えるような夏を約4ヶ月間おくる。


2008年9月
福岡市にあるダイレクト・マーケティング専門の広告代理店に拾われる。(33歳)

コピーライター兼ディレクターとして入社。
通販会社をメイン顧客に、見込客の集客、継続購入の企画立案を行う。


2013年4月
外資系の総合広告代理店に入社。(38歳)

前職と同様、通販企業を対象に、ダイレクトマーケティングの企画提案・実施を行う。
チラシ・新聞広告、ダイレクトメール、インフォマーシャル、ラジオショッピング、WEBの企画など、あらゆる集客広告の企画制作に携わる。


2015年1月
『FUiGO』設立。(40歳)

肩書きは、“客質”改善コンサルタント兼セールスライター

むやみやたらに集客するのではなく、客数が少なくても価値をわかってくるお客さんだけを集め、利益を最大化させることをテーマにしている。
そのための方法論として、DRM導入支援やマーケティング初心者にも分かりやすく教える勉強会など幅広い活動も実施。
対象は、小さな会社や中小企業などのスモールビジネスの経営者が中心。


2017年8月
株式会社 フイゴ 設立

フイゴがあなたにどんな価値を提供できるのかは、コチラへどうぞ!